薄毛 都市伝説

朝シャンすると薄毛になりやすいって本当?

朝シャンすると薄毛になりやすいっていいますが、これはある意味、本当です。ただ、これは直接的な原因にはなり得ません。

シャンプーする場合、朝にシャンプーするか、夜にシャンプーするかになります。朝にシャンプーする人は薄毛になりやすいということがまことしやかに囁かれていますが、朝シャンが薄毛に関係しているのは、その行為にあります。限られた朝の忙しい時間帯にシャンプーすると、少しでも時間を短縮するため急ぎがちです。朝シャンによる薄毛の原因は、シャンプーのすすぎの残しにあります。つまり、充分に行えないことによる頭皮のシャンプーの洗い残しが、薄毛の要因になっているのです。すすぎが足りないと、シャンプーの残りカスが頭皮に残り、頭皮を傷める原因になります。

髪を洗うときは、時間をかけて、髪と頭皮をやさしくマッサージする必要がありますが、朝シャンすると、それが疎かになります。朝シャンすると、直接、それが薄毛に影響するわけではないのですが、しっかりと洗う自信がない人は、また、薄毛が気になる人は、シャンプーは、洗髪する時間がしっかり取れる夜に切り替えることです。 薄毛解消におすすめのAGAクリニック

頭皮を清潔にしていれば薄毛は治るの?

頭皮を清潔にしていれば薄毛は治るのでしょうか。頭皮を清潔にしていれば、薄毛の予防にはなりますが、清潔にしていれば薄毛が治るということはありません。

頭皮を清潔にすると、皮脂を取り除くことができるので、薄毛防止に役立ちます。しかし、皮脂には、外界から皮膚を守る役割があります。頭皮の皮脂は、適度に分泌されることで紫外線などから頭皮を守る働きがあります。皮脂を完全になくしてしまうと、紫外線などによるダメージを直接頭皮が受けることになります。

また、頭皮が乾燥するので、皮脂が余計に過剰分泌されます。洗いすぎると頭皮が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されることになります。人間の頭皮には、皮脂や常在菌がある程度必要なので、過度なシャンプーには気を付けないといけません。過剰に皮脂を取り除いてしまうことは、かえって頭皮にはよくないのです。実際、頭皮を清潔にしたからと言って、髪が生えることはありません。

頭皮を清潔にすると言うのは、健康な髪が育ちやすい環境を整えるにすぎません。頭皮をきれいにしすぎるのは、かえって頭皮によくなく、頭皮をきれいにしても、髪が生えることはありません。 札幌でおすすめのAGAクリニック

パソコンやスマホの見過ぎで目を酷使するとハゲる?

パソコンやスマホの見過ぎで目を酷使するとハゲると言いますが、果たして本当なのでしょうか。実際、目を酷使してもすぐにハゲるということはありません。しかし、間接的には関係しているので、あながち無視することはできません。目の疲れと血行不全は関係しているからです。

パソコンやスマホのモニターをずっと見ていると、体には想像以上の負担がかかります。近いものをずっと見続けていると、目の疲れが起こります。肩こりなどにもなりやすくなります。これらの症状は、血行が悪くなるからで、肩や首の血管は、頭皮の血管ともつながっています。肩や首の血流が悪化すると、頭皮の血流状態も悪くなります。頭皮の血流が悪化すると、毛母細胞に十分な栄養や酸素が送られなくなるので、髪がうまく育つことができなくなります。

目の疲労回復に消費されるビタミンB群やL-システインは、大量に消費されると髪にまで栄養素が行き渡らなくなります。結果、抜け毛が増えたり、薄毛に発展する可能性はあります。目の疲労は、髪の栄養不足を引き起こす可能性があので、薄毛を引き起こす原因になります。 大阪の薄毛治療クリニック

帽子をかぶるとハゲやすくなる?

帽子をかぶるとハゲやすくなるとよく言います。これは一面真実をついていますが、帽子をかぶることは、ハゲの予防にもなります。たとえば、日差しが強い夏は、頭皮に影響を与える紫外線が大敵なので、帽子をかぶることは良いことです。また、冬の寒い日は血管が縮こまり、血流の働きが滞るので、帽子をかぶると、これらの問題を解決できます。帽子は、正しい使い方をすれば、薄毛予防に効果があるのです。

ただ、帽子をかぶり続けると、ハゲやすくなるのも事実です。蒸れるからです。日差しが強い夏場に帽子は欠かせないアイテムですが、長時間帽子をかぶると、風が通らないので汗をかきやすくなり、蒸れてしまいます。その状態で皮脂が分泌されると雑菌が一気に増え、頭皮環境のバランスが崩れます。 横浜のAGA治療クリニック

帽子をかぶると、血行不良にもなります。特にサイズの小さい帽子をかぶると、血行が悪くなり、頭皮の細胞に栄養が行き渡らなくなります。帽子をかぶったり外したりすると、摩擦が生じ、抜け毛に繋がるので、正しく帽子をかぶる必要があります。帽子をかぶるとハゲやすくなるのは、蒸れが大きく関係していますが、実際には、薄毛の原因となる可能性は低いです。

海藻を食べると薄毛が解消する?

海藻を食べると薄毛が解消すると言われますが、果たして本当なのでしょうか。実際、海藻を食べると発毛しやすくなるのは事実です。しかし、海藻を食べたからといって、すぐに薄毛が解消するわけではありません。コンブやワカメなどの海藻を食べると発毛しやすいというのは、ある意味本当なのですが、海草類を大量に食べたとしてもそれが発毛につながることはありません。

海藻は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なので、髪の色ツヤが良くなる可能性はありますが、髪の毛自体を生成させる力はありません。海藻は、育毛にいい食べ物なのですが、あくまで、発毛を助ける食べ物に過ぎません。海草類には、ビタミンB2などのビタミン類や亜鉛などのミネラル、食物繊維を多く含んでいるので、育毛に良いのは確かです。ただ、髪の毛が成長するには、毛母細胞が活性化するために必要な栄養素をしっかり摂る必要があります。

動物性タンパク質と植物性タンパク質を含む食べ物、細胞の代謝活動を促進させるビタミンB2やB6、血管を拡張させて栄養供給の効率を高めてくれるビタミンEが必須です。また、亜鉛を含む食べ物なども欠かせません。要は、薄毛を解消するには、豊富な栄養をバランス良く摂取することが大切なのです。 女性の薄毛治療おすすめクリニック