帽子をかぶるとハゲやすくなる?

帽子をかぶるとハゲやすくなる?

帽子をかぶるとハゲやすくなるとよく言います。これは一面真実をついていますが、帽子をかぶることは、ハゲの予防にもなります。たとえば、日差しが強い夏は、頭皮に影響を与える紫外線が大敵なので、帽子をかぶることは良いことです。また、冬の寒い日は血管が縮こまり、血流の働きが滞るので、帽子をかぶると、これらの問題を解決できます。帽子は、正しい使い方をすれば、薄毛予防に効果があるのです。ただ、帽子をかぶり続けると、ハゲやすくなるのも事実です。蒸れるからです。日差しが強い夏場に帽子は欠かせないアイテムですが、長時間帽子をかぶると、風が通らないので汗をかきやすくなり、蒸れてしまいます。その状態で皮脂が分泌されると雑菌が一気に増え、頭皮環境のバランスが崩れます。帽子をかぶると、血行不良にもなります。特にサイズの小さい帽子をかぶると、血行が悪くなり、頭皮の細胞に栄養が行き渡らなくなります。帽子をかぶったり外したりすると、摩擦が生じ、抜け毛に繋がるので、正しく帽子をかぶる必要があります。帽子をかぶるとハゲやすくなるのは、蒸れが大きく関係していますが、実際には、薄毛の原因となる可能性は低いです。