朝シャンすると薄毛になりやすい?

朝シャンすると薄毛になりやすい?

朝シャンすると薄毛になりやすいっていいますが、これはある意味、本当です。ただ、これは直接的な原因にはなり得ません。シャンプーする場合、朝にシャンプーするか、夜にシャンプーするかになります。朝にシャンプーする人は薄毛になりやすいということがまことしやかに囁かれていますが、朝シャンが薄毛に関係しているのは、その行為にあります。限られた朝の忙しい時間帯にシャンプーすると、少しでも時間を短縮するため急ぎがちです。朝シャンによる薄毛の原因は、シャンプーのすすぎの残しにあります。つまり、充分に行えないことによる頭皮のシャンプーの洗い残しが、薄毛の要因になっているのです。すすぎが足りないと、シャンプーの残りカスが頭皮に残り、頭皮を傷める原因になります。髪を洗うときは、時間をかけて、髪と頭皮をやさしくマッサージする必要がありますが、朝シャンすると、それが疎かになります。朝シャンすると、直接、それが薄毛に影響するわけではないのですが、しっかりと洗う自信がない人は、また、薄毛が気になる人は、シャンプーは、洗髪する時間がしっかり取れる夜に切り替えることです。