パソコンやスマホの見過ぎでハゲる?

パソコンやスマホの見過ぎでハゲる?

パソコンやスマホの見過ぎで目を酷使するとハゲると言いますが、果たして本当なのでしょうか。実際、目を酷使してもすぐにハゲるということはありません。しかし、間接的には関係しているので、あながち無視することはできません。目の疲れと血行不全は関係しているからです。パソコンやスマホのモニターをずっと見ていると、体には想像以上の負担がかかります。近いものをずっと見続けていると、目の疲れが起こります。肩こりなどにもなりやすくなります。これらの症状は、血行が悪くなるからで、肩や首の血管は、頭皮の血管ともつながっています。肩や首の血流が悪化すると、頭皮の血流状態も悪くなります。頭皮の血流が悪化すると、毛母細胞に十分な栄養や酸素が送られなくなるので、髪がうまく育つことができなくなります。目の疲労回復に消費されるビタミンB群やL-システインは、大量に消費されると髪にまで栄養素が行き渡らなくなります。結果、抜け毛が増えたり、薄毛に発展する可能性はあります。目の疲労は、髪の栄養不足を引き起こす可能性があので、薄毛を引き起こす原因になります。